スポンサーリンク

K-POPアイドル現像&補正 パート2「Lightroom現像&補正方法」

未分類

いよいよ、パート2「Lightroom現像&補正方法」を紹介します。

現像&補正方法は、RAWファイルを前提にしています。

 

色々な手法の現像&補正があり、今回紹介するのは一例となります。

基本的な補正方法の手助けになってくれれば幸いです。

 

スポンサーリンク

補正手順

①Lightroomを現像モードにする

右上の赤枠「現像」クリックします。

選択した写真が一枚のみ表示されます。

補正を加えるパラメータは、画面右の下記パネルとなります。

いよいよ補正を加えていきます。

②レンズ補正

レンズ補正は、レンズ毎の色やゆがみを自動で補正してくれます。

☑ 色収差を除去 ☑ プロファイル補正を使用

の二点をチェックします。

使用したレンズのプロファイルが自動的に読み込みされ適切な値に自動で設定されます。

③切り抜き

赤枠部分をクリックすると切り抜きモードになります。

被写体が偏っている時や被写体が小さい時に、切り抜き(トリミング)を行い適性な位置に被写体を持ってきます。

トリミングの仕方で、ニュアンス変わった絵にもなります。

センスが問われます。

④基本補正

基本補正は、基本的な部分補正します。

自動補正は使用しない!あてになりません。

露光量を変更

+:全体的に明るく -:全体的に暗く

対象が少し暗いので、+方向に変更します。

明るさ大きくすると白飛びします。

色温度を変更

+:黄く -:青く

対象が赤が強いので少し青くして、白い肌色を目指す為に-方向に変更します。

自分なりの好みの肌色を見つけることが適正な肌色作るための一歩となります。

ハイライト・シャドウ・白レベル・黒レベルを変更

ハイライト(強く明るい部分を対象) +:明るく -:暗く

シャドウ(強く暗い部分を対象) +:明るく -:暗く

白レベル(全体を対象) +:明るく -:暗く

黒レベル(全体を対象) +:明るく -:暗く

露光量の補正による白飛び部分とテカリがあるのでハイライトを-方向に変更し、影が暗いのでシャドウを+方向に変更します。

テクスチャ・明瞭度を変更

テクスチャ(線が強い部分を対象) +:シャープ -:ぼかす

明瞭度(全体の線部分を対象) +:シャープ -:ぼかす

私は程よいシャープが好みなので、シャープを少し強めになるようします。

その影響で、肌部分の荒れが目立ちますが、これはPhotoshopの補正で直せます。

自然な彩度、彩度を変更

自然な彩度(弱く彩度補正) +:色を濃く -:色を薄く

彩度(強く彩度補正) +:色を濃く -:色を薄く

露光量補正で、明るめに補正した際に彩度が失われますので、少し復活させる為に行います。

色かぶり補正、かすみ除去

今回、使用していない補正値について簡単に説明しておきます。

色かぶり補正:色付きライトの時に元の自然な色に戻す際に使用します。

かすみ除去:スモークによるかすみのときにハッキリ、色再現する際に使用します。

⑤トーンカーブ

基本補正と同じ効果部分がありますが、明るさを細かく補正することができます。

イメージ的には、基本補正は強く補正、トーンカーブは細かい補正となります。

ハイライト(強く明るい部分を対象) +:明るく -:暗く

シャドウ(強く暗い部分を対象) +:明るく -:暗く

ライト(全体を対象) +:明るく -:暗く

ダーク(全体を対象) +:明るく -:暗く

基本補正と同様の方向性で補正します。

鼻付近、左手の白飛びしていた部分がナチュラルになります。

⑥ディテール

ノイズ軽減

輝度(輝度によって生じたノイズ軽減) +:ノイズがなくなる -:ノイズが戻る

ディテール(ノイズ軽減に失われたディテールを復活) +:ディテール強く -:ディテール弱く

影部分のノイズを少し軽減させます。

ノイズ軽減するとディテールが失われます。

失われたディテールをディテールを+方向にして少し戻します。

ALTキー押しながらバーをスライドすると分かり易くなります。
ノイズ軽減を強くするとディテールが失われます。

シャープ

シャープ +:強く -:ぼかす

半径(シャープを適用する範囲) +:強く -:弱く

ディテール +:強く -:弱く

マスク(シャープ項目のマスク適用範囲) +:マスクが適用される -:マスクがなくなる

少しシャープとディテールを強くします。

マスクの適用範囲については、Altキー押しながらバーをスライドすると白黒になり、白の部分にシャープの項目が適用されます。

⑦HSL/カラー

輝度(特定色の輝度を補正) +:明るく -:暗く

彩度(特定色の彩度を補正) +:濃く -:薄く

色相(特定色の色調変色)  +:+方向の色にする -:-方向の色にする

ここの補正が一番難しいと思います。

肌色白くする場合は、基本的には以下のよう設定するとなります。

同じ色の輝度を明るくして彩度を薄くすると色がいい具合で薄くなります。

変更した値が分かりづらい場合は、試しに極ぶりしてみると分かり易いです。

ライトで赤や青や紫だったりした場合には、この項目で補正して元の色に戻すことも可能です。※限界はあります。

慣れれるまで本項目は変更しなくても良いです。

⑧全体的に再調整

これまで個々に補正して来ましたので、全体のバランスが崩れている部分もあります。

シャープを高めにして来ましたので、少し暗くなったので少し明るく微調整します。

Lightroomでの現像&補正はこれで終わりとなります。

慣れて居ない人は、ここで終わりしても良いです。

私の場合は、Lightroomはベース作成となりますので、本当の補正はPhotoshopで行います。

Photoshopでの補正方法はパート3をご覧ください。

⑨書き出し

写真を選択して、右クリック⇒書き出しで書き出しメニューへ遷移します。

書き出し設定は色々ありますが、よく使われるTwitterに対して綺麗にUPできる設定で書き出します。

TwitterにUPする際に修正されない 2020-02-22 仕様※日々変わるので最新情報を収集する必要があります。

  • ファイルサイズ5M以内
  • JPGまたはPNG
  • 長辺が4098以内であること

書き出し画像に、透かし画像を設定することも可能です。

透かしという項目に☑を付けて、プリセットした透かしを選択するのみです。

※プリセットの透かし設定は、プリセットのプルダウンから透かしの編集から行えます。

 

いざ書き出し実行!

 補正前の画像 

 補正後の画像 

まとめ

今回紹介した手順は簡単な補正方法となり、実際はもっと色々と細かく設定しています。

慣れれるまでは、少ない項目だけで補正しましょー。

慣れれてきたら扱う項目を増やしていく方が上達は早いですし、それぞれのパラメータの影響度も分かります。

何事も回数を繰り返さないとうまくなりません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました