スポンサーリンク

Kポヲタが教える『ポートレート個人撮影(室内)の参加方法』

特集

本記事対象は、Kポの方でポートレートに興味がある方が対象となすます。

あくまで初心者の私が知っている範囲の情報です。

スポンサーリンク

個人撮影(室内)の魅力について

個人撮影の文字どおりモデルさん1に対してカメラマン1で時間内に撮影を行う形式です。

1対1で撮影できることからじっくり自分の理想とする画を撮影することができます。

場所はハウススタジオが多く、お洒落な室内で色々なシチュエーションで普段は撮れない雰囲気の撮影が出来ます。

必要な機材について

カメラ本体

現在お持ちのカメラボディで十分です。

Kポのような厳しい環境ではないのでレンズ交換式入門カメラでもOKです。

予算に余裕がある方は、フルサイズ、瞳AF、バリアグルがあると便利です。

レンズ

やはりレンズが一番Kポと違います。

Kポ界では、明るい望遠レンズが正義で特に「328」や「428」は、至高のレンズでしたが一切不要ですw

逆にKポで使用しない短いレンズが主流となります。

基本的には、80mm以下があるとよい思います。

スタジオによっては距離がないときが多いので50mm以下もあると便利かもしれません。

f値については、Kポほど明るいレンズが必須ではありません。

自分の撮りたい作品にあったf値を選ぶとよいと思います。

私はSIGMA art 35mm F1.4 DC HSMとCANON EF70-200mm F2.8L IS IIで撮影しており35mmがメインです。

ストロボ ※初回は必要ありません。

ストロボは、あると作品の幅が広がりますが初回は必要ありません。

ストロボも色々種類がありますが、私はまだ初心者なのでGODOXのTT600という安価モデルを使ってます。

今のところこれでも困っていませんので安価に進めたい方にはお勧めです。

ストロボコマンダー ※初回は必要ありません。

あまりストロボをカメラシューにつけて撮ることはないので、遠隔撮影用のコマンダーが必要になります。

私はGODOX X2Tを使用しています。

ライトスタンドとアクセサリー ※初回は必要ありません。

ライトスタンドは、軽くて安いのがお勧めです。

アクセサリーは、ソフトボックスやアンブレラと色々と種類がありますが持ち運びに便利な透明アンブレラを使用しています。

小物 ※無くてもOK

小物とは、花など自分で撮りたい作品に合わせた小物を用意しましょう。

室内個人撮影会:申し込みから当日までの流れ

個撮を申し込みしようと思った方へ

申し込みから当日の流れてどうなるの?撮影中はどうるの?と色々分からないことが沢山あると思います。

私も同じ境遇でしたので少しでも不安が緩和できれば思い一通りの流れを説明します。

撮影会の申し込み予約

撮影会HPに撮影日ごとに撮影場所、参加モデルさんの予約日が記載されていると思います。

予約開始日は撮影会によって一か月先まで記載されているところや一週間前までと様々です。

予約を受け付けしている撮影会を選んで、HP内の申し込み方法に従い進むと予約完了となります。

料金については、基本的には当日現金支払いとなります。

尚、キャンセルする場合は、規定のキャンセル料金を支払う必要があります。

予約完了後に、メール返信が来ますので内容をチェックします。

人気のモデルさんは予約開始と同時にすぐに満員となりますので争奪戦ですw
基本的に新しい予約開始日は水曜日夜が多いです。

当日の撮影現場入り

撮影場所の住所は、HPまたはメールに記載されていますので指定された時間までに行きましょう。

また、開始時間の○○分前から入室可能とある場合は、OO分前から入ることが可能で撮影機材等の準備を行います。

なるべくは準備時間に入って機材の準備をした方が焦らなくて良いと思います。
荷物は、荷物置き場が用意されていますのでそちらに置きます。

受付について

ハウススタジオの場合は、スタッフらしき人を見つけて料金を支払います。

スタジオの場合は、受付カウンターがあると思いますのでスタッフに料金を支払います。

撮影会によりますが、モデルさんが複数の衣装を用意している場合は、選ぶことが可能です。

撮影開始

モデルさんと一緒に好きな場所で撮影開始です。

もちろん持参したストロボやライトは好きに使えます(一部制限がある場合もあり)

同じ時間帯に他モデルさん&カメラマンさんも居ますので全て自由に使用できるわけではなく、撮影ポイントを移動して交代していくイメージです。

※ライトやストロボについて
スタジオは予めライトが用意されていることが多いです。
ハウススタジオは基本ありませんので持参する必要があります。
※撮影中の注意点について
HPに記載さていますので確認しておきましょう。
※室内のオブジェクトの扱いについて
撮影会や撮影スタジオにもよりますがある程度であればオブジェクトを移動することは可能です。
詳しくはスタッフさんに聞こう。

撮影終了

殆どは終了10分前にスタッフさんが教えてくれます。

モデルさんとスタッフさんに挨拶して終了です。

モデルさんに、SNSにUP方法やモデルさんへのデータを送る方法を聞いておきましょう。

初心者なりのアドバイス

Kポ現場は、百戦錬磨でしたが個撮の初回は、結構ドキドキで思うような成果を上げることができませんでした💦
初回から成果が得られるとは思わないで参加した方が楽だと思います。

撮影中のアドバイス

撮った写真は適度にモデルさんに見せた方がよいと思います。

モデルさんもどのように撮れているか分からないので確認することでモデルさんもイメージが付き易いです。

またポーズのアディアが貰えれるかもしれません。

私はこんな感じ「少し撮る→見せる(こんな感じで撮っていきます的な感じ)→もう少し撮る→見せる(撮った結果を見せる)」

自分の撮りたいイメージはモデルさんに伝える。

モデルさんにイメージを伝えないとモデルさんもエスパーではないので理想のポーズや雰囲気を作れません。

私はポーズのイメージとかは写真とかを見せてます。

モデルさんにマイナスになることは言わない。

楽しく撮影した方がモデルさんも気分がよく実力が発揮されます。

例えば「失敗したあ」「設定間違えた」「イメージと違う」などの失敗は、家に帰ってから反省し次回に繋げる、何ならリベンジのために次回の予約をする(実際に経験あり)w

機材を忘れるな

実は私は何回かある。。。撮影モチベが下がるので注意

撮影するハウススタジオやスタジオの内装はHPで確認する

室内を確認して撮影イメージを事前に付ける。

小道具を用意するなら予め撮影して撮影イメージをつかむとよい

小さい小道具なら必要ありませんがある程度の大きな小道具セットなら

予め組んで仮撮影してから本番に挑む方が成功率が高くなる。

 

以上です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました